NEO EARTH

クリエイター目線の「美しい地球の未来」を、他の役割を持った村人たちに、提案してみる場所。そして全ての村人たちと共に「美しい地球の未来」について自由に語り合う場所として、NEO EARTHは2020年に立ち上がりました。クリエイターからの目線で「美しい地球の未来」を見つめることで、人の暮らしや幸せについて改めて考え、その体験を共有しようという試みです。現状維新デザイン研究所はプロジェクト全体の方向性やシナリオを統括するプロデュース、また、ロゴデザインやイラスト制作を担当しています。

LOGO

タイポグラフィの輪郭線は、そのほとんどが、縦横の線と正円のエレメントで構成されています。

横線は時間。

縦線は空間。

線の交点をきっかけに生まれる無数の正円は、ぜんぶ、地球。

例外的に8本ある斜線は、時空間を無視する可能性をも視野に入れる、新しい感受性。

また、縦横の線、斜線の基点、円の中心点、円の半径を、すべて1文字16×16のグリッドシステムに当てはめることで、見えない秩序を宿した「静かで濃い表現」を目指しています。

「クリエイターが、それぞれの美意識を基に定義した “或る地点の世界” を表現し、鑑賞者に無数の可能性、即ち新たな未来への入り口を提示する」というコンセプトを、タイポグラフィという形で静かに表現し直しました。

特定のシンボルマークは敢えてつくらず、オジリナルのフォントを組んだものをそのままマークとする事を目指しています。強い想いを圧縮し、簡潔に文字に宿す事によって、文字は文字という存在から記号化され、一種のマークになり得るのではないか、という実験でもあります。また、滲んだように見えるアウトラインや、ごつごつとしたセリフ部分、少し重心の高い背格好、「O」の円が2つ重なった形、「R」の横線を省いた表現など、「なぜこの形をとっているのか」「何か意味があるんじゃないか」と、多くのクリエイターに勘繰ってもらい、多様な思想を受け容れる器として機能することも期待しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__11059212.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__11059205-1024x1024.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__11059203-1024x1024.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__11059209-1024x1024.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__11059211-1024x1024.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__11059206.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__11059210.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__11059213.jpg

visit site

Client : NEO EARTH
Producer : Fukuda Yasuhito(Genjouishin design lab)
Logo designer : Fukuda Yasuhito(Genjouishin design lab)
Art director : Watabe Sayaka(G-attic)
Web designer : Watae Sayaka(G-attic)
Photographer : Amon Ryu(LA SOURCE)